本文へ移動

トータル通信

【みやもっちゃんのひとりごと No.135】

2020-07-03
カテゴリ:みやもっちゃんのひとりごと
テレワークの先は
今あなたは、どんな場所に住んでいらっしゃいますか?
その場所はどうして決められましたか。仕事の都合、学校の都合で、あるいは先祖代々の家を守って…と色々あるでしょう。お気に入りの場所となっていますか?
 
 新型コロナウイルス対策の為、この私の仕事でさえ在宅勤務となりました。
直接会って営業できない営業マン。営業マンという言葉だって死語となる時代が来るのではないかしら。ご提案からご契約までデジタル。会わずに完結なのです。急激に浸透した在宅勤務に考えるところがあります。
 IT企業やベンチャーを中心にコロナ後もテレワークの継続に舵を切った結果、本社オフィスを消滅させる動きが進んでるらしく、テレワーク研究者に言わせると、今まで通勤が前提だった働き方、全員がオフィスに同じ時間いるコスト(家賃・コピー機・紙等)を考えると、従来の勤務形態維持が正当なのか問われていると何よりも、社員がオフィスより「自宅の方がいい」と考えている事が分かった今、自宅を選んだ者として、働く場所兼居住場所の環境を我々はしっかり考えなければならない。
 
 ずいぶん昔になりますが、経営コンサルタントの大前研一さんの著書に“人間が変われる方法は3つしかない”と書いておられた。なんだか今の世を予言していたかのように思える。
  1. 時間の配分を変える事
  2. 住む場所(環境)を変える事
  3. 付き合う人を変える事
     
 日々の積み重ねで人生を作るように、毎日住む場所は人生に大きな影響を与えるという。
とは言っても、どこから手をつければよいのやら。引っ越しはできなくても不要なモノを処分断捨離ですよね。すまいの環境を変えるだけでもずいぶんと効果があるはずと思います。
『役に立たないものや美しいと思わないものを家に置いていてはならぬ』
あのウイリアム・モリス(1800年代イギリスの詩人でデザイナー)が言っています。彼のデザインした壁紙は今のインテリアの原型と言われています。
モリスの言葉に習って、私もテレワークもさることながら、来るであろうリタイア後の人生、自宅時間をより快適に過ごせるよう老いた自分の生活をまた楽しく妄想中です。
 
国が推奨する“新しい生活様式”にもしっかり組み込まれたテレワーク。個々の自分に合った住む場所の環境作りが絶対必要な時代がやってきそうですね。
 
 
 
 
時代にあった新商品 8月発売です  株式会社トータル 
(宮本佐代子)
 
TOPへ戻る