本文へ移動

健康経営認定

健康経営について

健康経営とは、
「企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても大きな成果が期待できる」
との基盤に立って健康管理を経営的視点から考え、戦略的に実践することを意味し、アメリカでは1990年代ごろから、日本では2009年ごろから取り組みが始められました。
 
取り組むメリットとしては、
・企業の業務効率化・生産性向上
・企業価値・イメージの向上
・社員の定着化により離職率の減少
などが挙げられます。

健康経営優良法人制度認定に向けたご支援

厚生労働省と経済産業省が策定した「健康経営優良法人制度」は
健康管理に取り組む優良な法人を顕彰する制度として運営されております。
経済産業省『健康経営の推進』はこちら
 
「健康経営優良法人制度」に興味はあるけれど

内容が分かりづらい
認定取得のための取り組み方が分からない
申請書の作成の仕方・申請方法が分からない
など。

いざ健康経営に取り組もうと思っても自力で始めるのは難しい
といったお声を聴きます。
 
トータルに一度ご相談ください。
健康経営アドバイザーより『健康経営』をご支援させていただきます。
株式会社トータル
〒854-0053
長崎県諫早市小川町1267RDビル2F-A
TEL.0957-22-8300
FAX.0957-22-8280
 
TOPへ戻る