本文へ移動

みやもっちゃんのひとりごと

RSS(別ウィンドウで開きます) 

【みやもっちゃんのひとりごと No.163】

2022-11-01
法律と自助努力の中で
 皆さんはがん対策基本法をご存知だろうか?
ある雑誌の取材を受けた折、これまで仕事の
内容に関する事は出来るだけ避けて来ましたが
どうしてもがん罹患率の高い長崎県として
お耳に入れておきたい事柄だと思いました。

 2007年に施行のこの基本法は、国や地方の
責務、医療保険者、医師の責務はもちろん、
国民の責務がうたわれています。

「第6条 国民は禁煙、食生活、運動その他の
生活習慣が健康に及ぼす影響、がんの原因の
おそれのある感染症等、がんに関する正しい
知識を持ち、がんの予防に必要な注意を払い
必要に応じてがん検診を受けるよう努めるほか、
がん患者に関する理解を深めるよう努めなけ
ればならない」

とあります。
2人に1人がなる国が言うまでもなく一人一人
が心掛けないといけないのだと、保険請求を
受ける度思うのです。
(健診を受けて下さいネ)

 それと同時に、また一つ気になっている事
があります。近年年齢問わず年金に関する相
談が増えたのは、不安多き高齢者社会の実情
からなのでしょう。これも又「長寿をすべて
の国民が喜びの中で迎え、高齢者が安心して
暮すことの出来る社会形成が望まれる」と、
高齢者対策基本法もチャンとある。
人生100年時代ですよ。
だから年金繰り下げた方がお得ですよ!とか、
ご高齢でも働ける体がある限り頑張りましょ
う!とか、介護保険料も高齢者からチョット
増させて頂きます!とか次から次へです。

法の言う「長寿を喜びの中で迎える」って
あるのかしら?
これだってがん対策と同じで自分で日々体の
メンテに心掛け、お財布の中もコツコツと
自分で準備、全て自助努力が必須な国なの
だと理解しておかなければならない。

曽野綾子さんが「老人と言えども強く生き
なければならないのです。歯を食いしばっ
て自分の事は自分でする事が原則であり、
それは別に虐待されている事でもなければ
惨めな事でもない。それは人間誰にも与え
られた共通の運命である。自分の事は自分
でやりなさいと言うのは当然すぎるくらい
当然のことであろう」と書いてある。
先輩!その言葉十分理解出来ますと、うな
ずきながら誕生日を前に自分にハッパをか
けて今日もウォーキングなのであります。

ライフプランニングは大切です。いつでも

株式会社トータル 長崎支店は皆様をお守り致しております 

(宮本佐代子)
 

【みやもっちゃんのひとりごと No.162】

2022-10-05
新聞
 お行儀悪いのは百も承知。思いっきり
キッチンカウンターに新聞を広げ、その
上にワンプレートの朝食を乗せ一面から
読み進めるのが私流。

 購読紙は朝日新聞、これには訳があり
20年以上読ませて頂いている。亡き主人
の難病問題もあり、長男は朝日新聞奨学生
として新聞社のお世話になり無事東京の大
学を卒業させて頂いた。親としてはせめて
読み続けさせて頂く以外に恩返しは出来な
いのです。が、新聞を読むにつけこれって
大丈夫と心配になる事柄が目に付き始めま
した。他社の新聞も同様なのだろうか・・・

 一面の天声人語からスタートして、次の
面、次の面とめくると、ページ下段の所に
本や色々な商品の広告が日替わりで満載!
(9月のある日の広告)
◆本の紹介
「70歳からの選択」
「若返り革命」
「87歳古い団地で愉しむひとり暮らし」
◆商品の紹介
シニア専用ライ〇ップ
(体は何歳からでも強くなる)
夢の育毛剤○○
85歳まで入れる保険
膝の動きを改善する○○

広告だけ見ても大いなる偏りがあるよう
な、新聞は一体誰を対象としているのか?

 たしかに新聞を取らない家庭も増え、
30歳代にいたっては3人に1人の購読率
と聞く。アメリカは、ほとんど地方紙が
主流で、新聞広告がネットに流れた事に
より廃業が増え、その弊害として地方選挙
の情報が乏しくなり、選挙投票率も激減。
その為政治不正が横行し、その不正をも
報導されないと言う負の連鎖が生じている
のです。新聞の力って凄いですよね!そこ
に住む人々の暮らしを変えてしまうのです
から・・・新聞を開く事で選択の余地のな
いニュースが目に入る。

自分にとって価値の高い、都合のいいニュ
ースだけ選択出来るネットだと、見識の幅
が狭くなる感じがするし、他社への理解度
も下がるのではと昭和な人間は思うのです。
そう考えると新聞の存在意義は大きいので
はないだろうか。

そんな事を考えながら、
今日も新聞をめくる私です。

トータルニュースという小新聞もありますよ

株式会社トータル 長崎支店は皆様をお守り致しております 

(宮本佐代子)
 

【みやもっちゃんのひとりごと No.161】

2022-09-02
ワケあり
 私の父方の実家、祖父母宅はその時代には
珍らしく農園を法人化し、農業を営んでいた。
今も鮮明に思い出すことがある。大型トラック
に荷を積み県外へと発送されるその作業場の奥
に、山と積まれたミカンがあった。
「好きなだけ持って帰りなさい」と祖母が小さ
な私に風呂敷がちぎれんばかりに詰めてくれた。
まあ~その甘く美味しかった事!よくよく考え
ると傷物で売り物にならない物を放置しておい
たのが熟した、つまり腐りかける寸前の物だっ
たと大きくなって気が付いた。(絶品の味だった)

 人件費、手間暇かけた損失額は相当な額だっ
たろう。

規格外。スーパーで並ぶ野菜には販売基準に
満たなければ出荷段階ではじかれてしまう。
人目に付かず廃棄。がやっと今‘‘ワケあり,,の
ネーミングを頂き販売される様になった。
ネットでもワケあり商品があふれかえっている。
私自身毎年のふるさと納税はワケあり果物を注
文している。形が悪くても、小々の傷があって
も味には変わりはなく、農家さんの役にも立つ
し、地球にも優しく、何と言ってもお財布に優
しいのである。

 私達世代は子供の頃より『皆と同じ』の精神
で同じでない者は矯正をかけられる教育。そん
な時代を生きて来た。考えてみると日本のサラ
リーマンだってその流れからいってみごとな規
格品。人と違ったら会社の歯車がくるうと指導
受けた。

 所がだ、グローバル化によって新しいイノベ
ーションを起こし規格品だけでは生き残れない
時代となり、当たり前が特徴をなくし、逆に規
格化されてない不良品が輝きを増してきた感じ
がする。人も物も ‘‘ワケあり,, が大きな売り!
違っていてこその魅力!魅力を買う時代が来た
のです。規格外の人に物に品物に光りが当たる
と嬉しいですよネ。

ワケあって選ばれる保険代理

株式会社トータル 長崎支店は皆様をお守り致しております 

(宮本佐代子)
 

【みやもっちゃんのひとりごと No.160】

2022-08-01
ダイヤモンドになる?
 2階に置いてある賑やかな仏壇にお供えをし、
手を合せる事から私の1日はスタートする。
その仏壇は私の父から受け継いだもの。しかし
洋間しかない我が家には何とも不釣り合いで
大きすぎるし、存在感ありすぎ。
賑やかと言うのは両家の父母、私の祖父母、
主人を含め7人(+ご先祖様)がお入りなのだ。
これに近い将来実母も加わるのかと思うと戒名
が並ばないという笑えない現実がそこにある。

 そんなある日、あるご夫婦との話の中で、
奥様が「私、死んだらダイヤモンドになるのが
希望なんです。死んでからキラキラ輝き、そし
て部屋の片隅にでも置いてもらおうかと思って
るんです」と真顔。

ダイヤモンド??

なんとも返答しようもない話題に困惑してし
まったが、よく聞くと何年か前にNHKでも放
送されたダイヤモンド葬らしい。我が家の仏
壇問題もあるし、面白い話題でもあったので
早速調べてみた。

それは2002年特殊技術を持つスイスとアメ
リカの会社によってスタートされ委託された
遺骨遺灰から原料となる炭素を抽出し、高温
高圧にて人造ダイヤモンドに精製すると言う。
そんな事出来ないのでは?と言う意見もある
様ですが、今や世界で注目されてるらしい。
400グラム程の遺骨遺灰(遺骨の1/3~1/4)
があれば小さいサイズ0.2グラム1カラット
の原石が5~8ヶ月程で出来ると言う。
証明書付きでご遺族に戻されるお値段は40万
~60万。必要とあらばペンダントや指輪にも
可能だとか。

日本の昨今の厳しい生活環境から考えその上
少子化でもあるので、お墓も必要ないし手元
供養が出来ると言うメリットは有難いかも。
居間の片隅にコーヒーと共にダイヤモンドの
原石が2個、3個、そんな風景を目にする機
会もそこに来ている感じがして来ました。
(ちなみに海洋散骨はチャーター散骨で30万
程。九州エリアは福岡と天草、宮崎、桜島だ
そうです。)

あなたはダイヤモンドになりますか?


医療保険に散骨費用 or ダイヤモンド費用
付加出来ますよ。

株式会社トータル 長崎支店は皆様をお守り致しております 

(宮本佐代子)
 

【みやもっちゃんのひとりごと No.159】

2022-07-04
地球が壊れる前に
 映画「タイタニック」整いすぎる程の
甘いマスクのレオナ・レド・ディカプリオが
出演した作品はあまりにも有名。ハリウッ
ドの申し子と言われ、成功を収め進化し続
けるその彼を追い続けた「ディカプリオの
挑戦の軌跡」をBSの番組で見た。ご覧にな
られた方もおいでになるでしょう。まあ驚
く事たくさん、その番組で紹介された彼の
作品が気になって早速見ました。

『地球が壊れる前に』とタイトルされたそ
れは、2年間にわたるディカプリオの旅を
記録したドキュメント映画。恥ずかしなが
ら環境活動家グレタ・トゥーンベリさんの
事はひとりごとでも書かせて頂いた様に知
っていましたが、彼が若い頃より活動し続
けている環境活動家である事も、国連のピ
ースメッセンジャー(平和大使)として多
岐に活動している事もこのドキュメント映
画を見るまでは全く知りませんでした。
(一気に気になる存在になりました)

気候変動によって世界各地で起こる劇的な
変化をテーマに真相を追求し、地球の生物
の絶滅を防ぐ為、個人として、社会として
取りうる行動を提起する内容。化石燃料に
頼りすぎた世界。その為二酸化炭素排出、
温室効果ガスによる気候変動、オイルサン
ド採掘、広大な森林伐採、洪水、干ばつ、
森林火災。もちろん情報としては誰もが知
っている事ですが、その映像には息を呑ん
でしまいます。

今年の日本とて6月に梅雨が上がり、35℃
以上を超える猛暑の日々です。熱中症防止
にと、水分補給を心がけた結果、皮肉な事
に街のゴミ箱はペットボトルであふれる。
又気温上昇に追いつかない電力、死なない
為のエアコン使用のアナウンス。

どうするの!どうなるの!って感じですよネ。

この映画を見れば、1958年にはこの危機は
分かっていたと言うのです。全て知って先
送りして来た人間の無知さを知らされる
『地球が壊れる前に』は衝撃の作品です。
ディカプリオの今後の活躍も注視して行き
たいと思いますが、ひとりごとでも何度と
なく環境問題は書かせて頂いております。

政治家ではない我々市民は、どんな小さな
行動、対策であっても誰もが考えやり続け
る事が本当に、本当に大切なのだとここに
来て再確認です。
 
逃れきれない災害もあります。
その対策も忘れずしっかりと!

株式会社トータル 長崎支店は皆様をお守り致しております 

(宮本佐代子)
 
TOPへ戻る