本文へ移動

みやもっちゃんのひとりごと

RSS(別ウィンドウで開きます) 

【みやもっちゃんのひとりごと No.167】

2023-03-08
文字を書くということ
 ひとりごともお陰様で167号、15年目を
迎えようとしています。まだ現役でいるも
のの、世の中の卒業のころに合せて3月を
最終号にするのもいいかもと思いつつ、第
1号のひとりごとから改めて読み返してみ
る事にした。

 親の事、友人の事、日々の暮らしの事、
女性の生き方の事、まぁ我ながら書きに書
いたものだと、少々の驚きもある。

 その時々の心模様、環境や情勢に戸惑う
自分だとか、読み進める中、過去の私が、
そうまだ少し若い私がすぐ側にいるような
不思議な感覚を覚えた。手書きにこだわり
お届けする為に、文章力は別として、感性
を研ぎ澄ますまでは行かなくとも、自分な
りに物事を見、感じる事に意識を向け日々
暮らして来れた事は、こんな大雑把な性格
の私にしてみると、心磨きに少しの役には
立てたのかも知れない。

若者に交じり仕事をする中、パソコンが日
常化し、メールのやり取りやSNSでのコ
ミュニケーションが当たり前で、会議にお
いてもペーパーレス化が進み字を書く機会
が少なくなった実感がある。なので、手帳
に記入したり、思い付きを裏紙等に書く様
に心がけてはいるが、毎月ご契約者の皆様
に届ける為に書いてきた物が、実は私自身
色んな気付きをもらい、心を豊かにして頂
いている事に気が付かされた。

 脳科学の先生曰く、文字を書く、文章を
書く行為は両方の脳を使い、さらに紙に書
くとなると、手を動かす運動野が使われ、
脳がフル回転状態。集中力アップ、ストレ
ス解消、そして自分を知る事に繋がるとか、
脳神経細胞は元々数百億もの数があり、毎
日10万個ずつ死んで行くが、大した問題
ではなく、それよりも脳を使わない事でネ
ットワークが退化する事こそ問題『高度な
脳の働きをいじする為にも意識的に手書き
の機会を増やすべき』と書かれている。

 たまたま目にした記事だが、今の私に向
けたコメントの様な・・・何か意味がある
かも知れない。

物忘れも気になり出して来た昨今(笑)
古びた脳に油を指しながら、又書き続けて
みようと思わせてくれた春3月です。

貴方は何か書いていますか?
心配なら介護保険が・・・

株式会社トータル 長崎支店は皆様をお守り致しております 

(宮本佐代子)
 

【みやもっちゃんのひとりごと No.166】

2023-02-07
多様性
 私が勤める会社でさえ最近の会議の中で
多様性を意味するダイバーシティという言
葉をよく耳にする様になった。とりわけビ
ジネスの世界では企業経営のキーワードの
ように用いられている。

人種、性別、国籍、障害の有無、多様な人
材を受け入れ生かす多様性がある方が社会
会社が強くなり、それぞれの価値観で新た
なコラボレーションが生まれ、新たな発想
変革のきっかけになる事への期待なのだ。

性別で言うと日本の研究で男性ばかりの企
業に比べて、正社員の女性比率が高い企業
ほど利益率が高くなっていると報告がある
が、女性登用は当たり前の北欧諸国にして
みると、こんな比例を出す事すらおかしな
事に映る。このことを考えても、自分(自
国)の当たり前と、他人(他国)の当たり
前は違うのだという事。

島国日本、グローバル化が進んでいるとは
いえ、未だに女性登用などと言っているの
だから多様性に関しては、企業も個々人も
努力が必要かもと、こんな事を考えていた
ら国が違ったらこうも違うという面白い本
に出合った。

両親の転勤により世界6ヶ国(ロシア、日
本、イギリス、フランス、アメリカ、カナ
ダ)で教育を受けた女性の本。机の並び方、
日本は1人掛け、ロシアは2人掛け、イギ
リスは5~6人掛け、アメリカ、フランス
は向い合う。

これが何を意味するか

1人掛けは先生に集中する並び、複数掛け
はグループを育てる、向い合う席は議論を
促進させる。それぞれ席1つにしても意図
やメリットに違いがある。体育に関してロ
シアは勝敗を重視、フランスは体を動かす
楽しさが大切。泳ぎ方から数字、文字の書
き方までカタチが大切な日本は不思議。ア
メリカの先生に質問したら「私も知らない」
と言われて驚いた。一体普通って何なので
しょう?普通を調べると、
▪いつでもどこでもあって珍しくない事
▪他人と比べて特に変わらない事
▪特別ではなく一般的である事
日常会話の中にこんなフレーズ出て来ませ
んか?「あの人普通の主婦よ」「あの人は
普通のサラリーマン」「普通こんな時こう
するよね」等々。

人との違いを嫌う日本人は『普通属』でい
る事で安心する民族な気がするのですが、
今や特別である事、人と違う事が大切、そ
の事が大事。必要なのだとなれば、ダイバ
ーシティという波に私達もチャンと乗らな
ければ、溺れてしまうのかも知れませんね。

多様な生活環境に合わせるべく
多種多様な保険プラン

株式会社トータル 長崎支店は皆様をお守り致しております 

(宮本佐代子)
 

【みやもっちゃんのひとりごと No.165】

2023-01-04
親ガチャ?
2023年
  あけましておめでとうございます

15年目の春を迎えるひとりごと、今年も又
私のつぶやきにお付き合い願います。

 さて時折登場する博多の母、今年92歳
今だに現役の仕事人、その母に昨年の秋、
やっとやっと会えた。体つきは一回りも二
回りも小さくなってはいたが、心配いらな
そうで一安心。母の友人の店で食事する事
となったが、よく食べ、よく飲み、よくし
ゃべる。大病はしたものの、元気の源も見
れてまた安心。仲間も沢山いる様子で、こ
れまた安心。でもそんな母が話があるから
と言うのがチョット不安になった。

とうとう来る時が来たのかも・・・
これからの生き方暮らし方だろうと心した。

「長年ここで小料理屋をして来たけどさ、
この年でこんな厳しい環境になるとは思い
もしなかった」と切り出す母。やっぱりそ
の話か!確かにどの商売も閉店する店が多
い。

40代で離婚して故郷を離れ、博多の真ん中
で良くここまで頑張って来たが、コロナと
年には勝てず最後の決断をしたのだろうな
と慰めの言葉を探す私。心して聞いている
はずの私の脳内は少々パニック。私の様子
はよそに「仕事を辞めるつもりもないし、
ホームなど入る気ないからさ。仕事の仕方
変えて昼メインに変更し頑張りよるとさ」
と、事後報告。

この人には辞めるという選択肢は死ぬまで
1ミリもないのだと驚かされる。その気力
は一体どこから湧き出るのか?

ここ最近よく耳にする「親ガチャ」という
言葉をご存じだろうか?
店先にあるゲーム機のあのガチャガチャか
ら来ていて親は選べない。家庭環境、容姿
の良し悪しも親に当りはずれがあると言う
使われ方をする。格差社会が生み出した言
葉ともいわれている。

若かりし頃の私に置き換えると親の離婚で
ままならない事も多く、恨んだ時もあった。
しかしながら一人の人間として語れない苦
労も努力もあったろうと、この年になると
十分理解できる。一人生きて介護・金銭の
心配をさせない母。気力を失う事なく生き
てくれてるからこそ私は働ける。

時の流れは親ガチャさえ感謝に変える。
せめてそのスーパー気力のDNAだけは、
この体に刻まれていて欲しいと願う新年の
スタートです。

今年も皆様と共に 

株式会社トータル 長崎支店は皆様をお守り致しております 

(宮本佐代子)
 

【みやもっちゃんのひとりごと No.164】

2022-12-06
びっくりサラダ
 白い紙を揚げ抑圧された生活に抗議する
隣国の若者達。同じコロナ禍において、旅の
心得も少々様変わりしたとはいえ、旅が出来
る喜びはひとしおだ。3年前の夏、北海道を
旅して以来の今回の旅先は、東京駅から北陸
新幹線で1時間余りと、アクセスが良く都内
から最も身近かな信州といえる軽井沢を選ん
だというか、妹が誕生日プレゼントに用意し
てくれた。

 標高900~1200mに位置する高原地帯。
新幹線を降りると街中も空気もガラリと一変、
自然豊かな風土が目の前に広がり、ざわつく
日頃の生活をチョット洗い流すには最高の場
所の様な気がした。こんな私でさえそう感じ
るのだから、政財界、芸能界の方々の別荘が
森の中に並ぶのも当たり前なのかもしれない。

 浅間山はすでに雪をかぶり雄々しく、その
背には北アルプスの峰々、ひんやりと頬を撫
でる風が気持ちいい。信州そばは翌日にまわ
し、その日は行列の出来るイタリアンレスト
ランでランチ。

ここでまさかのサラダに出会ってしまった。

予想以上に盛られたそのサラダのたたずまい。
盛られているのにも意味があった。目玉が飛
び出るという形容がピッタリ!これまで口に
して来たサラダは一体何だった?と思わせる
程の野菜達の美味しさ。アッという間に完食
してしまった。

聞くとそれは『霜下野菜』と呼ばれ、高地で
ある軽井沢は、昼夜の寒暖差が大きく、早朝
の深霧に包まれ、その霧が葉物野菜の乾燥を
防ぎ瑞々しく柔らかな食感と甘さになるそう
な(地元には野菜長者がいると聞いた)。

それにハム・チーズの製造所も多くあり、サ
ラダやピザが美味しくなる条件がそろってい
る。そしてもうひとつビールの美味しさです。
軽井沢は2大クラフトビールメーカーがあり、
ビールも最高の街だったのです。
旅して知る事も多く、上手に旅して心のリフ
レッシュは今だからこそ、ウィズコロナの時
代だからこそ、必要なのではないでしょうか?

 今年一年、みやもっちゃんのつぶやきにお
付き合い下さり有難うございました。
来る年もお幸せに

食事は大切、生野菜もしっかり摂りましょう

株式会社トータル 長崎支店は皆様をお守り致しております 

(宮本佐代子)
 

【みやもっちゃんのひとりごと No.163】

2022-11-01
法律と自助努力の中で
 皆さんはがん対策基本法をご存知だろうか?
ある雑誌の取材を受けた折、これまで仕事の
内容に関する事は出来るだけ避けて来ましたが
どうしてもがん罹患率の高い長崎県として
お耳に入れておきたい事柄だと思いました。

 2007年に施行のこの基本法は、国や地方の
責務、医療保険者、医師の責務はもちろん、
国民の責務がうたわれています。

「第6条 国民は禁煙、食生活、運動その他の
生活習慣が健康に及ぼす影響、がんの原因の
おそれのある感染症等、がんに関する正しい
知識を持ち、がんの予防に必要な注意を払い
必要に応じてがん検診を受けるよう努めるほか、
がん患者に関する理解を深めるよう努めなけ
ればならない」

とあります。
2人に1人がなる国が言うまでもなく一人一人
が心掛けないといけないのだと、保険請求を
受ける度思うのです。
(健診を受けて下さいネ)

 それと同時に、また一つ気になっている事
があります。近年年齢問わず年金に関する相
談が増えたのは、不安多き高齢者社会の実情
からなのでしょう。これも又「長寿をすべて
の国民が喜びの中で迎え、高齢者が安心して
暮すことの出来る社会形成が望まれる」と、
高齢者対策基本法もチャンとある。
人生100年時代ですよ。
だから年金繰り下げた方がお得ですよ!とか、
ご高齢でも働ける体がある限り頑張りましょ
う!とか、介護保険料も高齢者からチョット
増させて頂きます!とか次から次へです。

法の言う「長寿を喜びの中で迎える」って
あるのかしら?
これだってがん対策と同じで自分で日々体の
メンテに心掛け、お財布の中もコツコツと
自分で準備、全て自助努力が必須な国なの
だと理解しておかなければならない。

曽野綾子さんが「老人と言えども強く生き
なければならないのです。歯を食いしばっ
て自分の事は自分でする事が原則であり、
それは別に虐待されている事でもなければ
惨めな事でもない。それは人間誰にも与え
られた共通の運命である。自分の事は自分
でやりなさいと言うのは当然すぎるくらい
当然のことであろう」と書いてある。
先輩!その言葉十分理解出来ますと、うな
ずきながら誕生日を前に自分にハッパをか
けて今日もウォーキングなのであります。

ライフプランニングは大切です。いつでも

株式会社トータル 長崎支店は皆様をお守り致しております 

(宮本佐代子)
 
TOPへ戻る