本文へ移動

トータル通信

RSS(別ウィンドウで開きます) 

【みやもっちゃんのひとりごと No.126】

2019-10-02
カテゴリ:みやもっちゃんのひとりごと
「How dare you(よくも こんなことができるな)」
 
 9月23日ニューヨークの国連本部で開かれた気候行動サミットで、世界が16才にして環境活動家と言わしめたスウェーデンのグレタ トゥンベリさんの演説「若者は、あなたたちの裏切りに気づき始めている。私達を見捨てる道を選ぶのなら絶対に許さない」と怒りに震えた声で叫び各国政府代表をにらみつけるシーンに私の体は固まり、罪悪感と自責の念とで私の心は覆いつくされてしまった。
だって1人の女の子が世界中の大人に向かって『大人って口だけね』ってたたきつけたあの言葉の威力には何の抵抗も出来ないし具の根も出ないですよね。
 私はこの所本で知った日本人の顔立ちに似たアメリカ先住民族(ネイティブアメリカン)の事を思い出す事がある。ヨーロッパの人々がアメリカ大陸に到達する以前、およそ120万人から1200万人のアメリカ先住民が広大な大陸に住んでいたと推定されていて、彼らの多くが虐殺やヨーロッパから伝わった感染症によって亡くなり、又奴隷にされた事により約25万人まで減少したと言われている。いろんな学者もいる中、この悲劇の研究や注目する人はほとんどいないのは残念な気がする。そこで私の勝手な考えだが大量虐殺に他の理由があったとしたなら、ヨーロッパの人々の発展(今の様々な社会を作り出す)の為には妨げとなる民族と感じたのかも知れませんね。彼らは本当に母なる地球とつながり調和して”地球の守り主”と自らを主張する様に生きて来た様で彼らの思想のベースは『地球の上をそっと歩くように、バランスと調和を大切にして暮すこと』というのだから もし、この様な多くのネイティブアメリカンの人々が今日まで生き続けていたならば・・・・・ どうだろう現在の様に地球自体が雄叫びをあげ狂い混乱を招くような事へのブレーキ役となっていたかもしれない。今さらながら虐殺によって習慣・伝統・精神を奪われた事の重大さに気がつかされるも、歴史は後戻りは出来ないのです。
 
 最後にネイティブアメリカンの言葉より
地球は、親から与えられたものではない。祖先からの授かりものでもない。子供達から借りているのだ。
 
さても個々人、借りた物を壊す事なく子供達へ返す努力をコツコツとですね。
 
自分の体も壊さぬ努力は必要 でも万一の時の為 株式会社トータル 
(宮本佐代子)
 

【みやもっちゃんのひとりごと No.125】

2019-09-02
カテゴリ:みやもっちゃんのひとりごと
あゝ もう生きとられん
 
 手足腰は年相応の衰えはあるものの、母は88歳、今も現役の女将。心臓血管にステントは入っているが、口だけは超がつく程元気。甘えたいのか、心配して欲しいのか時折『新しい病気かも知れない』と言うのが悪いクセ。その母は決して昼間には電話して来ないのにその日は違った。何かあったのかと心配して取ってみると半べそかいた様な何ともテンションがおかしい。
母「もう死なんばいかん!もう生きとられん!あゝ何~もわからん」
私「どうしたと?どこか具合いでも悪くなった?」
母「2時間も待たされて・・・」
私「えっ!?病院で先生に何か言われたと?」
私の問いかけにも上の空。母「長く待たされた上に、色々言われる事が何もわからんと」
話している事がチンプンカンプン。戸惑いが伝わる。時間かけゆっくり聞くと話はこうだ。
 長年使っているガラ携の調子が悪いので、修理でもお願いしようと、痛い足を引きずってショップに行ったらしいのだが、そこで待ち時間が2時間。そりゃ~博多のど真ん中。予約ナシでは仕方ないと私は理解出来るが、座るも立つもしんどい母にしてみれば辛かったのでしょう。でもそこは長年の客商売で鍛えた持ち前の笑顔と接客業でグッと一つ我慢。カウンターに向い座ると店の方が「免許証を見せて下さい」と母に。母はていねいに「持っていませんよ」と言うと「では、身分を証明できる、出来れば顔写真の付いてるもの」と言われ二ツ目我慢。健康保険証で済ませた。今度は自立心の強い母に「だれか付き添いの方は?」と聞かれ三ツ目の我慢。「一人です」と答えやっと本題。ケイタイの調子が悪い事を伝えると「あ~もう機種変ですね」と母に。母「ハイ!機種がヘンなんです」と答えるととてもけげんそうな顔で「イヤイヤ機種の変更ですよ!」と投げ捨てる様に。もう母の心はズタボロ。手続きしながらもポイントがどうの、アドなんとかがどうで、アカ・・・・・??はと言われ何ひとつ理解できずパニック。そりゃ~88歳です。「あゝ何もわからん。電話ひとつでこんなになって、生きとられん」となるのも笑いが出るが、理解できる珍事。しかしこの母の姿は、高齢化の日本絵図。マニュアルに沿っただけの対人対応。敬意もなく老いてる事が悪いかの様に・・・・・母よ私だって毎回の会議、研修の後は”私の時代は終わった。ついて行けない”と痛感させられる毎日よ。と伝えたが電話の向こう側のダメージは大きい様だ。カワイソウニ。
 
差別、区別する事ない保険商品は 株式会社トータル
(宮本佐代子)
 

【みやもっちゃんのひとりごと No.124】

2019-08-01
カテゴリ:みやもっちゃんのひとりごと
失敗しない恋には
 
 久々友人に誘われ料理屋で食事する事となったのだが、そこには、2名の紳士も同席。出される料理すばらしく食が進むにつれ、ワインの進む事、進む事。酒の力も加わり気が付けば一人の私と同世代紳士の恋の行方話。
わかる様な我々世代の男子にありがちな、仕事に熱中するあまりの一度の離婚。その後に出会えた女性と次のステップを踏み出そうにも躊躇がある。本音は寂しいんでしょうに・・・・
いや~私自身身につまされる話しで、これからの残りの人生を彼には、心穏やかに暮せるお相手にめぐり合って欲しいと心からそう思いエールを送りつつ、ある事を思い出していた。
 それは3~4年前の新聞記事だったが、内容がおもしろくて、深調べした事があった。
恋愛を科学する現役東大生が考えたITベンチャー企業なるもの。2014年設立(2018年にはベンチャーキャピタルや個人投資家から1憶3000万円調達と発表)企業代表の彼自身の切実な恋愛事情。それだけではなしに今後のビジネスにつながる人を外見から判断出来ないのでそれを解消する有益な出会いのあり方を考えたのが「人工知能コン」と言うものだ。昭和生まれの私でさえ情報収集は、ニュースギュレーションアプリ。時折の買物は、ECサイトのすすめるままに商品購入ボタンをポチッと押す。そんな日常が当り前の様になった時代AIが”運命の人”を薦めると言うのだ。理想の相手とめぐり合いたい。2度と失敗したくないと言う切実な問題が解決できるとしたら、アリかも知れない。「人工知能コン」イベントの流れはこうだ。スマホ必須、開始以前に専用URLが配布され必要項目アンケートを登録参加となる。イベントの前半で「検索」「お気に入り」「中間投票」と3つのログからネットワークを作り、そこから導き出された最もカップルになる確率の高いと思われる3人をそれぞれのスマホに推奨することで、最終投票の参考とする。人が意中の人を決めるまでの3つのメンタルプロセス「認知、興味、好意」に対応するものとなっていて、一番の発見はモテる人が必ずしもマッチングしやすいとは限らない。むしろカップル成立した人の多くは被投票者数が1人だけという”人気のない人”1人とじっくり話した人の方が成功しやすく有意な結果となる様だと代表は言う。カップル成立率は約25%。AI研究開発が加速する中人生が豊かになるのは有難いが、AIがすすめる事を私達はどこまで受け入れれば良いのでしょうか?紳士の恋話からこんな事を考えてしまいました(笑)
 
 
失敗しない保険はやっぱり株式会社トータル
(宮本佐代子)
 

Total LINEニュース No.16

2019-07-30
カテゴリ:Total LINEニュース
皆さんこんにちは!
保険のホームドクター トータルです口を広げてにっこりした顔
蒸し暑い日が続きますが、これからの季節熱中症にはお気をつけ下さい太陽
 
本日は  ドリンクメニューサマーver.のお知らせです音符
暑い夏にピッタリのアイスメニューや冷房の効いた部屋で飲むのが最高!なホットメニューなど・・・・・
 
様々なお飲み物をご用意してお待ちしています3つの音符
いつもお越しいただいているお客様も、まだいらっしゃったことが無いお客様も是非、ご来店ください2つのハート
 
更新手続き以外でのご来店もお待ちしております音符
「保険」に関するギモンなどお気軽にご相談ください口を広げてにっこりした顔
 
LINEのお友達登録がお済みでない方はこちらから♪
 

【みやもっちゃんのひとりごと No.123】

2019-08-01
森に癒されて
 
 6月末妹の誕生日祝を兼ねて北海道富良野を旅した。この場所を選んだのには妹たっての希望 倉本聰さんの“北の国から„のロケ地。田中邦衛が演じた黒板五郎さんの住んだ家を訪ねる。ただ ただそれだけの旅(あとは寄録)
旭川まで飛んで広大な北海道の地をレンタカーは無理危険と考え、ハイヤーで回る計画が功を奏した。私達の旅の目的の単純さに、ドライバーさんも最初は驚かれた様だったが、そこはベテランドライバー 意を汲で下さり巡る時間帯、時間の配分よろしく 他の観光客とはまったく遭遇する事もなく、ドラマの中の家々「石の家」風力発電装置を取り付けた「麓郷の家」廃材を使った「拾って来た家」を堪能出来た。
 それぞれの家は、静かな静かな中にあり、雨つゆに打たれ見た事もない様な草木が茂る地。小川のせせらぎに鳥の声、ラッキーな事に野生のシカとも出会えた。もちろん〝クマ注意〟の看板もあったが、他の人の気配がない分、まるでそこに今でも生活があり、生きてるかの様な錯覚さえ覚えた。富良野と言えば、もちろんラベンダー草原を期待してない事はなかったが、それよりも森の入り口近くに群生するルピナスに驚いた。てっきりガーデニング用の花としか知識がなかった私には、大地に色を差すかの様に群れて咲き誇るルピナスに大感動!ラベンダーを凌いだ感じがした。日々仕事に追われハードワークの妹にとっても、私にとっても大満足の旅となったが、この旅の最中森に癒されてる自分に気付き、ふと思い出したテレビ番組があった。それは『ポツンと一軒家』だ。毎週出されるリサーチではダントツ1位の視聴率。その人気のヒミツが分かった気がした。人は森林を歩く、過ごす事をすれば、森林セラピーなるものを知らず知らずのうちに受け、ストレス軽減の上、細胞の働きが活性化、免疫力が高まるのは立証済みなのですが最近では科学誌「ネイチャー」のサイトにドイツのマックス フランク研究所の報告として『人は森に暮らす方が幸福になれる』との報告までもが出されたばかり。つまり『ポツンと一軒家』に引き付けられるのは、相対する生き方、生活をする私達が山深き所で不便、不自由な暮しをしても「それでも幸せ!」と言い切る人達を見ながら、間接的に森林セラピーなるものを受け、幸せを感じれ、癒されてるのかも知れませんね。今回の旅で私の心にも小さな変化が見れたかも・・・・
 
思い悩む事それはストレス。保険に悩んだら株式会社トータルで軽減を。
(宮本 佐代子)
 
TOPへ戻る